ニュース(国内) 政治 民進党

【二重国籍】民進党・蓮舫代表 会見詳細「国籍法・公選法違反が確定!」

投稿日:

やはり蓮舫代表は一切の責任を取る気がないようです。従来の言い訳を繰り返し、「多様性」「差別」論へのすり替えに終始していました。国会議員の要件として違反していたわけですから、その責任を取って議員辞職するのが筋でしょう。

蓮舫代表が臨時記者会見(民進党公式HPより)

(原文ママ)

蓮舫代表は18日午後、自身が日本国籍の選択宣言を行い台湾籍を離脱した経緯を説明するための臨時記者会見を党本部で開いた。

記者会見に先立ち、台湾当局に提出した国籍喪失申請書類や喪失手続き時に提出した蓮舫代表が未成年の頃の台湾のパスポート、台湾当局が発行した国籍喪失許可証書、蓮舫代表の戸籍の中で国籍選択宣言を行った日付部分など、それぞれの写しや経緯を説明した資料などを報道陣に配布した。

蓮舫代表はこの会見で、「本来、戸籍を開示するべきではなく、また強制的に戸籍の開示を求めることもあってはいけない。しかし、私は野党第1党の代表であり、政府に強く説明責任を果たすことを求めている。こうした立場を踏まえ、戸籍の一部を開示することとしたが、これを他者に当てはめたり、前例とすることは断じて認めることはできない」と強調した。

そのうえで、「資料の開示により確認できる事実関係は、昨秋から説明をしているとおりであり、これまでの説明と全く相違はない」と述べ、1985年の改正国籍法施行によって、17歳の時に届け出をして日本国籍を取得したこと、台湾籍放棄の手続きを父親が完遂してくれたものと誤解したまま、昨年に指摘されるまで台湾籍を持っていると気づかなかったことを説明。このことについては、「旧国籍法、改正国籍法の中身、私のとった経過措置について、戸籍法に関し私が強く学び、確認、行動を取らなかったことを深く反省している。自分の不確かな記憶で説明をしてしまったことも謝罪する」と謝罪をした。

 台湾籍が残っていたことを確認した後の経緯については、速やかに国籍法14条2項前段に則り国籍離脱手続を行い、2016年9月23日に台湾から9月13日付の国籍喪失許可証書を受領し、戸籍法106条による外国国籍喪失届の手続きを行ったこと、10月7日にこの届出が不受理となり、法務省の説明を踏まえ、同日に国籍法14条2項後段に則り、戸籍法104条の2の外国籍を放棄する「選択の宣言」を行い、選択の宣言の日付は10月7日となった経緯を説明した。

今回、戸籍を含んだ資料の開示をした理由として蓮舫代表は、「戸籍は優れて個人のプライバシーに属するもので、戸籍の一部とはいえ選択宣言の日付を公表することに私は一貫して慎重だった。特に、選択宣言の記されたページは私に関する記載ではなく、娘と息子に関する記載のあるページのため慎重だった。しかし、双子が今春20歳と成人になったこと、7月に息子が留学先から帰国した機会に子どもたちと話し合ったところ、理解を得られたこと。あわせて、私が1人の政治家を超えて、より強く説明責任を求められる公党の代表としての立場を勘案し、資料の開示を判断した」と述べた。また、「私が手続きを分かっておらず、記憶に基づき話したことによって不安定な印象を深めた。それを払拭することなく『私は正しい』として、政府や政権に説明責任を求めても説得力に欠ける、との判断が資料の開示につながった」などと開示の理由を語った。

蓮舫代表は、「こうした開示は私で最後にしてもらいたい」と述べ、「全て国民は法の下に平等。人種や性別、社会的身分などで差別されてはいけない。親や本人の国籍、髪や肌の色や名前や出自など、日本人と違うことを見つけ、違わないということを戸籍で示せと強要することがない社会を、多様性の象徴でもある私が自らの経験をもって、差別を助長することのない社会を、多様性を認め合う共生社会を民進党代表として創っていきたい」などと表明した。

ソース(民進党公式HP)

会見の様子

産経新聞による報道

産経新聞にて、今回の会見で公開された蓮舫代表の戸籍が紹介されています。

このうち、公開した戸籍謄本は住所や家族の欄は白抜きとし、氏名と出生日、国籍選択の宣言日が分かるようになっている。謄本の取得日は今年6月28日となっている。

公開した書類によると、蓮舫氏が台湾籍の離脱手続きを申請したのは昨年の9月6日だった。同月13日に台湾側から「国籍喪失許可証書」が発行され、同月26日に目黒区役所に「外国国籍喪失届」を提出した。

蓮舫代表は民進党の代表選で昨年9月15日に2重国籍であったことを公表しました。しかし、台湾籍の離脱手続きは昨年9月6日に開始しています。

となると、民進党の代表選中に2重国籍であったことが判明していたにもかかわらず、党員・サポーター票などの郵便投票締め切り後である9月15日まで、意図的に発表を引き延ばしたことになります。

つまり、蓮舫代表は党員・サポーターに意図的に嘘をついて投票を有利に運ぼうとしたわけです。

これだけでも蓮舫代表が代表辞職、議員辞職に値すると私は考えています。

-ニュース(国内), 政治, 民進党
-,

執筆者:


  1. 匿名 より:

    >>台湾籍放棄の手続きを父が完遂してくれたものと理解したまま、昨年の指摘まで、台湾籍を持っていると思った事もありませんでした。

    これって嘘でしょ
    自身で二重国籍だと公言していただけでなく
    蓮舫はずっと台湾パスポートを保持していた
    台湾への出入国時にも利用していた可能性もある
    悪質・嘘つき・論点ずらし 蓮舫は何処まで言っても蓮舫
    誠実や正直さなど微塵もない

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

検索

ご協力いただける方は下のボタンを押下いただけるととっても嬉しいですm(_)m

ニュースランキング

月別一覧

カテゴリ別一覧

RSS