ニュース(国際)

【国際】米海軍艦、レーザー兵器初配備 高い精度でドローンも撃墜

投稿日:

(CNN)時として緊張が高まるペルシャ湾に展開する米海軍艦に、世界で初めてレーザー兵器が実戦配備された。CNN取材班は、同兵器でドローンを破壊する実射実験を単独取材した。
海軍のドック型輸送揚陸艦「ポンス」に実戦配備されたレーザー兵器システムは、頭文字を取って「LaWS」と呼ばれる。クリストファー・ウェルズ艦長は同兵器について、「弾丸よりも精度が高い」と指摘。「軍に行き渡っている他のニッチ兵器システムは、それぞれ上空で接触する相手のみ、あるいは海上の目標のみ、または地上の目標のみに対してしか通用しない。だが今回の兵器は多様な目標に対して使用できる」と解説する。
LaWSには文字通り光の速さで標的に迫るという、他の兵器にはまねできない特徴がある。この速度は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の5万倍に相当する。
レーザー兵器担当のケール・ヒューズ大尉によると、LaWSは接近してくる物体に対して大量の光子を放つ。「風の心配も射程の心配も、ほかに何の心配もいらない。光速で目標に対峙できる」という。
実射実験ではまず、ポンスの乗員がドローンを発進させた。ドローンは、イランや北朝鮮、中国、ロシアといった国が利用するケースが増えている。
無人機が発進すると、直ちにレーザー兵器班が照準を合わせる。「目標を見て照準を合わせれば、その目標を無力化できる」(ヒューズ大尉)
一瞬のうちにドローンの翼が炎上し、機体は数千度の熱にさらされて損傷、海上に墜落した。

以下はソース元で

https://www.cnn.co.jp/usa/35104351.html

おすすめ記事


コメント

10:
>>1
煙幕が気になるが
対艦ミサイルも無力化出来そうだな

 

30:
>>10
むしろそれが本命だろ
機関砲に替わる近接防御兵器

 

41:

>>1
レーザー兵器担当のケール・ヒューズ大尉によると、LaWSは接近してくる物体に対して大量の光子を放つ。「風の心配も射程の心配も、ほかに何の心配もいらない。光速で目標に対峙できる」という。

てあるけど

 

45:

CIWSの代わりかな?

>>41
「ほかに何の心配もいらない」部分は嘘
地平線の向こうは攻撃できないし 煙や霧 雲は貫通できない

 

78:
>>45>>54
可視光ではないし波長が短いと物質貫通するんじゃ?
霧や煙ぐらいは

 

83:

>>45
減衰するだけで貫通するから
光を通さなかったら、曇ってるだけで夜と同じ真っ暗になるだろ

で、減衰する分だけ出力を上げれば良いだけ
最悪、照射時間をのばせば良い

 

89:
>>83
連続照射できるのかね
相手は動いてるし

 

107:
>>89
レーダーに捉えてるということは、レーザーが絶対に命中すると言うことだから
どちらも電磁波の照射に違いは無い

 

104:
>>83
実際分厚い雲を貫通できるレベルの出力を備えたユニットなんて搭載できるのか?

 

54:
>>41
光だから光が通らなければダメじゃない。

 

85:
>>54
光というからそういう誤解がある
電磁波と言えば誤解しない

 

151:
>>1の数千度程度じゃ話しにならんとですよ。

 

155:

>>151
レーザーの出力を上げるなら電力を増やせばいいだけだけどね。一門で足りなきゃ二門、三門でもいい。

それに数千度まで加熱できたら、そこに大気圏突入の摩擦熱が加わって、1万数千度になるんじゃね?

 

159:
>>155
>>レーザーの出力を上げるなら電力を増やせばいいだけだけどね。一門で足りなきゃ二門、三門でもいい。
それをやるにはどこぞのスパコンみたいに原発から専用回線引っ張らなきゃいかんぞ。
エヴァのヤシマ作戦みたくなる。
少なくとも衛星からじゃ無理。

 

167:
>>159のソースにあるレーザーは小型発電機一基だから、原発クラスは必要ないと思うけどな。照射時間は極短時間だから、要はその数ミリ秒だか数秒の照射に耐える電力を供給できればいいわけでね。

 

168:
>>167
火薬による発電機でも使うか?まあコンデンサになるんだろうな

 

175:

>>168
通常駆動はソーラーパネル。照射電力は蓄電池か、燃料電池か、コンデンサか、まぁそのあたりだろう。

電池なら、外部から補給できるから兵器としてはより信頼性が増すかな。充電終わるまで次が撃てないというのは痛いからな。

 

248:
>>175
これ船に載せる物だから普通に船内の発電機から電気貰ってくると思うよ
ただ瞬間的に大量の電気がいるから普通の電池や配線では向いてなくてコンデンサなり火薬による発電機みたいな瞬間的に大量の電気出力出来るものがいるってこと

 

179:
>>167
その数秒間でも数万度の高熱線を作るのが大変なんだって。

 

182:

>>179
そりゃ大変だろう。だが先進国は核融合炉の実験なんかもやってるし、数万度ならなんとかすると思うけどな。

問題なのは、それを実現する国が敵なのか味方なのか、だと思うけど。

 

186:
>>151
熱に耐えるように出来ているのは弾頭だけですよ

 

167:
>>1のソースにあるレーザーは小型発電機一基だから、原発クラスは必要ないと思うけどな。照射時間は極短時間だから、要はその数ミリ秒だか数秒の照射に耐える電力を供給できればいいわけでね。

 

6:
後のコロニーレーザーである

 

47:
>>6
もちろん、改良しつつより強力になっていくのだろうなあ

 

7:
雨降ってても使えるのかよ

 

40:
>>7
防水完備だからw

 

162:
>>7
程度にもよるが嵐でもない限りどうこうできる出力じゃない

 

9:
>この速度は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の5万倍に相当する
比べる意味が判らん

 

290:
>>9
レーザー以外ではICBMがもっとも速い兵器

 

11:
ドローン,対レーザー反射板装着
機体→船体は数千度の熱にさらされて損傷

 

39:
>>11
反射塗膜なども開発されるかもね。

 

163:
>>11
数千度に耐えないといけないんですがその反射板

 

12:
薙ぎ払え!

 

16:
巨神兵乙

 

17:
でもドローンでなく核ミサイルを大気圏外で破壊したにしても
放射能物質は破片となって弾道に沿って日本に降ってくるのかな

 

42:
>>17
核爆発される事を考えれば比べ物にならないくらいマシ

 

135:
>>17
大容量の核物質が山積みの原発が爆発してもこの程度。
ミサイルの核物質が空中分解してもたかがしれている。

 

19:
スゴスギ!

 

23:
SFやら漫画やらアニメの世界の何でも防げる「シールド」「バリア」を装備する日も近い。

 

24:
レーザーは霧や煙に弱い
照射してから損傷させるまで時間がかかる
気温差とかで屈折する
曲射ができないので地表の敵に対する射程が短い

 

41:
>>24
霧や煙に弱い?

 

111:
>>24
>照射してから損傷させるまで時間がかかる
パルスレーザーって知ってるかい
レーサー光線をパルス照射すると照射された表面で衝撃波が発生して
その衝撃波で粉々になるんだよ

 

27:
レーザー兵器が当たり前の時代になるとまた大砲とかに回帰するんだろうな
大砲の弾の運動量はレーザーじゃ無力化できないから

 

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500348200/

-ニュース(国際)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

検索

ご協力いただける方は下のボタンを押下いただけるととっても嬉しいですm(_)m

ニュースランキング

月別一覧

カテゴリ別一覧

RSS

2017/12/08

【沖縄】自称住民の会「宮古島の自衛隊基地計画中止しろ!」→ 市「ホントに住民?」→ 会「表現の自由ガー」

2017/12/08

【ハニトラでも引っかかった?】朝鮮学校無償化訴訟、原告側が前文科次官・前川氏の陳述書提出

2017/12/07

【嘘くさい…】沖縄タイムス「沖縄の保育園にガラス製の円筒が米軍機から落下!!」~ネット「割れてないのはなぜ?」

2017/12/07

トランプ大統領「エルサレムが首都!」ローマ教皇「やべえ」トルコ「超えちゃいけないライン考えろよ」

2017/12/07

【仕事しろ】立憲民主党の「まっとうな政治」は大嘘… 議場をウロウロ、居眠り、党首の会見なし

2017/12/06

【すごい技術】ごみを丸ごと分別することなくエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発

2017/12/06

【沖縄の恥】共産党・赤嶺政賢議員を刑事告発へ 公選法違反を「沖縄では慣例的」などと開き直っていた件で

2017/12/06

【酷すぎる】『山尾志桜里とW不倫疑惑』倉持麟太郎氏、離婚 妻は体調もままならぬ為、子供は倉持氏が引き取る模様

2017/12/06

【北朝鮮に費用請求すべき】新潟と佐渡の沖合で木造船漂流 2人の遺体確認

2017/12/06

【学習能力ゼロ】韓国、セウォル号の反省生かされず 15人死亡の釣り船転覆事故、救助隊の高速艇が故障で使えず

2017/12/06

【タックスヘイブン】EU、韓国の「租税回避地」ブラックリスト掲載を検討中

2017/12/06

【中国】習近平による粛清で役人が年に千数百人自殺 「文化大革命以上の酷さ」