ニュース(国際) 経済(国際)

【仮想通貨】ビットコイン、分裂の火種なお 覇権を争う大競争時代に

投稿日:

代表的な仮想通貨、ビットコインが1日夜に分裂し、新しい通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」が誕生した。BCCは時間の経過につれ取引が増え始め、新旧2つの規格が並立する状態に。
共同体の不平分子がたもとを分かち、騒動はひとまず収まった形だが本家のビットコインには分裂の火だねがなおくすぶる。2009年の誕生から8年。ビットコインは覇権を争う大競争時代を迎えた。

ニューノーマル、受け入れられる

システムの分裂が起こったのは日本時間で1日午後9時20分。当初、BCCはそれほど支持を伸ばせず、すぐに本家のビットコインのシステムに吸収され、再統一すると思われていた。
だがBCCはインターネット上の公開台帳の書き換えが2日夕方までに12回行われた。「独立したコインとして市場に受け入れられた」と、大手仮想通貨取引所ビットバンク(東京・品川)の広末紀之最高経営責任者(CEO)は指摘する。

2日夕時点で本家のビットコインは1個30万円前後(時価総額約5兆円)と分裂騒動前の水準で推移。分裂を嫌気した価格下落は限定的だ。
一方、BCCも1個5万円前後(時価総額約8000億円)で取引され、新旧2種のコインは別々に取引されている。国内の一部取引所もBCCの取り扱いを始めた。市場は新しい事態を「ニューノーマル(新常態)」として受け入れ始めているようだ。

分裂騒動の背景にあるのは「コアデベロッパー」と呼ばれる技術者集団と、ビットコインの取引検証作業に従事する「マイナー(採掘者)」と呼ばれる事業者集団の対立だ。

利用者の増大でビットコインネットワークは取引量が処理能力の限界を上回るようになり、取引が完了するまでの待機時間が長引いたりマイナーに支払う手数料が高騰したりするなどの弊害が出てきた。
そこで処理方法の変更をコア開発者が提案したが、中国の大手マイナーが反発し今回の分裂に至った。

国や中央銀行という絶対的な管理者がいないビットコインネットワークは、コア開発者やマイナーを中心に参加者による合議制で一つの規格(プロトコル)を守ってきた。
参加者が共通のプロトコルを使うことで世界規模の分散型通貨が成立する。分裂とは、プロトコルが乱立し互換性がなくなることを意味する。

これまでマイナーはコア開発者の示す方針に基本的に従ってきた。マイナーが反発し始めたのには「このままでは自分たちの取り分が薄くなる」という危機感が強まったことが大きい。

現在の規定ではマイナーは計算競争に勝つと10分ごとに12.5個のコインが報酬としてもらえ、取引を処理するごとに手数料収入も入る。 ところが4年ごとにこの報酬は半減し、2033年には総発行量2100万個の99%のコインが出回り、新規発行は事実上打ち止めになる。

新規供給が断たれたマイナーは手数料収入に依存するしかなくなる。そうなるとマイナーの利益を確保するために手数料を大幅に引き上げねばならず銀行送金よりも割安という魅力が失われる。
※省略

11月、次の騒動か

11月に不満を募らせたマイナーがBCC陣営に走ったり別の規格を作ったりすれば、本家ビットコインにはさらなる打撃だ。最後はどの規格がマイナーや利用者から最も多くの支持を集めるかの勝負になるだろう。
ノーベル経済学者のフリードリヒ・ハイエクは貨幣の質を巡って競争を繰り広げる「貨幣の脱国営化論」を唱えた。ハイエクのご託宣通りに、ビットコインはより使い勝手のよい決済手段を目指して進化の大競争が始まったとも言える。
※省略
ビットコイン共同体も同じような道をたどっている。今もなおコア開発者の陣営は一目置かれているが、いつか財力で勝るマイナーが合意形成の主導権を握り、マイナーの間でも「支配者」は幾度も入れ替わるだろう。

僭主制が倒れるのは政策が財政的に行き詰まる時だ。このひそみに倣えばマイナーがどこまで自らのエゴを抑えて抑制的に振る舞い、参加者の支持をつなぎ留められるかが、「通貨」として勝ち残る条件になる。(木ノ内敏久)

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19560430S7A800C1000000/?dg=1

おすすめ記事


コメント

2:
チャイナリスク

 

4:
分裂という言葉を使うことで信用を得たいのだろうが
勝手に新しい仮想通貨を似せて作っただけだろ

 

6:
Bitch China Coin

 

7:
コア開発者なんていたのかよ
もっと分散並列で、誰かが勝手にやってるけど誰かがやってる限りなくならない、そういう誰にもコントロールできない仕組みかと思ってた

 

8:
なかなか面白い展開になってんだな人間の本性が露わになる

 

9:

価値はなくなると思うよ。

逃げるなら早くしてね。

 

10:
ブロックチェーンが注目を集めて一種言い訳になってるけど
botオンリーオンゲーRMTみたいなもんだよな

 

11:
支那の犬NHKが大股開きで大宣伝しつづけたビットコイン

 

28:
>>11
シナチクが売り抜けるために、NHKが日本に対して煽動しただけ

 

12:
信用性の問題

 

13:
中国人しかやってないんだろ?
こんなの今から手を出しても大損するだけ

 

25:
>>13
商品交換できる店はほとんど中華が噛んでるね
有名所じゃビックカメラとか

 

26:
>>25
ビックカメラ、事実上不可だけどね。
トランザクションが20分以内に完了しないと、エラー扱いという運用
でも、ビットコインの授受が20分で終わるわきゃねーので、支払い不能よ

 

14:
ま、こういうモノに手を出す輩はろくなもんじゃないからどうなろうとしったこっちゃない。
一般人に迷惑さえかけなきゃ、勝手にやってろって感じ。

 

15:
中国生れなんて危なっかしくて
どうなるか知れたもんじゃない

 

16:
やっぱり発行者が誰だかわからないのは気持ち悪いよな
まだそこは国や中央銀行のほうが圧倒的に信用できる

 

18:
>>16
開発したのは日本人だという説が有力。当然今でも関わってるが…本名さえ明かされてない事からしてかなり怪しいと思ってるけどな

 

37:
>>18
winny開発者(故人)が発案者兼初期開発者って話もあったよ

 

55:

>>37
実際winnyで正体不明のポイントを仮実装して試験してたね

何か小難しい理屈いって導入したのにずいぶんシンプルで
当時は何やってんのって思ったけど今思えば暗号通貨のことだったんだね

キャッシュの中継者に何らかの利益を与えるところが
そのまんま暗号通貨のマイニングの思想と一緒

 

59:
>>18
さらりと嘘つくなよw
否定されてる話しか見たことないぞ

 

17:
中国が採掘に躍起で既存のだと採掘できる量が限りがあってもう旨味が少ないからパチモノで先行者利得の唾付けたい
ってとこまでは知ってる
片方は仮想人民元

 

20:
ビットコインは必ずデフレになるねずみ講的な設計になっている
通貨として使うには不向き

 

22:
もともと今では普通に使われている貨幣も別に実態はない。物々交換の世界から見たら貨幣もあやしい代物

 

23:
>>22
労働という無形のものに関する貸借関係を数値化するにあたって、納税を基にしている。
つまり価値の保証は、最低賃金額

 

24:
儲かるのは創業陣含め上位数10人だろ
これだけ周知されればすでにピラミッドの底辺

 

27:
分裂なんて出来ちゃう時点で信用性ゼロだろ
別に信用性ゼロのものを使うのを止めろとは言わないが、自己責任でね
後で消えたとか騷ぐなよって話

 

29:

>2033年には総発行量2100万個の99%のコインが出回り、新規発行は事実上打ち止めになる。

そんなシステムなのか

 

30:
そもそも中国は
偽札作る
銀行に入金
ネットバンキングでビットコイン買う
これが可能だからなw
無限にビットコイン買えるチート民族w
ドル円ユーロを突っ込んだら負け

 

31:

NHKがやたらとビットコインを持ち上げたらマウントゴックス事件。
しばらくなりを潜めてて、また急にNHKがビットコインを取り上げだすとビットコイン分裂。

なにか事前に察知して売りたい人でも居たかのような流れね。

 

56:
>>31 >>11
犬HKは
「中国株投資応援ソング」を歌う
地下アイドルを宣伝するようなとこです

 

32:
そのうちスロット店のメダルを持つような立ち位置になって、街では通用しないでオロオロするみたいな状況になるのではないか?

 

34:

>システムの分裂が起こったのは日本時間で1日午後9時20分。当初、BCCはそれほど支持を伸ばせず、すぐに本家のビットコインのシステムに吸収され、再統一すると思われていた。

んなわけねー、分裂したら以後は会話できないんだから分裂は確定してたっての

 

35:
もう通貨とは言わせない

 

36:
中国に引っ掻き回されるとは、ごく最近はともかく、予想していなかっただろうな。

 

38:
ま、元の信用がにたようなモンだからな

 

39:
で、ビットコインとBCCのどっちがコアデベロッパーの提案に沿った新方式なの?
この記事だと旧式のままなのがBCCで、ビットコインの方は新方式に移行したかのように読めますが?

 

41:
>>39
コアデベロッパーたる支那共産党の要求って
「不正に蓄財した支那元を世界の何処かでドルに換金出来る」
だからなあ

 

52:
>>41
意味不
コアデベロッパーが共産党関連で反発した大手マイナーが中国企業?
共産党に楯突く中国企業なんてあるのか?

 

53:
>>39
コアディベロッパーが提案してる新方式はまだ実装されてないんじゃ?
コアディベロッパー提案の方式が気に入らなくて、中国が別方式に移行したって話だと思う

 

54:
>>53
自己解決しました。大筋は自分の解釈で合ってました。
http://news.mynavi.jp/news/2017/08/02/249/
ビットコインはSegwitっていう方式を導入し、それを嫌った一部マイナーが別の方式(旧ビットコインとは違う)でBCCを立ち上げた。
ってことみたいです。

 

40:
アングラで受け入れられる方が勝つわ

 

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501724276/

-ニュース(国際), 経済(国際)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

検索

ご協力いただける方は下のボタンを押下いただけるととっても嬉しいですm(_)m

ニュースランキング

月別一覧

カテゴリ別一覧

RSS