ニュース(国際)

【軍事】中国軍機、米軍機の真上で「背面飛行」…一触即発の異常接近

投稿日:

 米紙ワシントン・ポストなどによると、東シナ海上空を飛行中の米軍偵察機に中国軍戦闘機が5月17日に異常接近し、飛行を妨害したことが明らかになった。

中国軍機の行動は軍事衝突を引き起こしかねない危険な行為で、中国の本質的な対外姿勢を表している。一触即発の無謀な行為を続ける中国に米側の不信も高まる一方だ。

わずか45メートルの「異常接近」

中国軍戦闘機「Su30」から異常接近を受けたのは米空軍の特殊偵察機「WC135」で、大気中に浮遊する放射性物質を測定することができる。核実験が行われた場合に、事前に調査していた大気の状態と比較することで核実験の内容を調べることが可能だ。

米空軍によると、今回の東シナ海上空での飛行は国際空域における定期的な任務の一つだという。米CNNに対し米当局者が話したところによると、北朝鮮による核実験に備えて同機を北東アジア地域に派遣しているという。

中国軍戦闘機は、米空軍偵察機に対し、高度差わずか約45メートルに異常接近。そのうち1機は、米空軍偵察機の真上を背面飛行する挑発行為を行った。米国は中国に抗議しているが、米軍側は中国軍戦闘機の操縦は「プロらしくない」と批判している。

「戦争を誘発する危険な行為」

時速数百キロのスピードで飛行する上空にあって45メートルという距離は、ごくわずかの操作のズレで航空機同士の衝突を招く恐れが高い。ましてや敵対的な関係にある国同士の軍用機となれば軍事衝突にも発展しかねない。

中国軍機による米軍機への異常接近は頻発しているわけではないが、2016年には2回発生した。米軍関係者は、中国軍機による挑発行為に対し「安全性を無視したまったくクレイジーな行動だ」と強く批判する。

軍用機パイロットは通常、決められたルールに基づいて偶発的な衝突を避ける行動をとる。しかし、挑発行為でも攻撃を受ける可能性が高まると判断されれば、反撃に備える必要があり、米軍関係者は「戦争を誘発する危険な行為」と指摘する。

中国の「二枚舌」による覇権主義

中国軍機のパイロットの腕前が優れていたとしても、ちょっとした操作ミスが軍事的な衝突に発展する。

中国軍内に「米軍を脅かしてやれ」「米軍になめられるな」という強硬的な姿勢があるとすれば、それは南シナ海や東シナ海で国際法を無視して領有権を主張する外交方針と連動して地域の安定を大きく脅かす。

中国は近年、途上国支援や国連平和維持活動(PKO)に取り組み、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を提唱している。

しかし、その流れとは全く正反対の軍事衝突をも辞さない姿勢は「中国の二枚舌による覇権主義」(安全保障問題専門家)の姿をあぶり出している。

 中国軍戦闘機から異常接近を受けた米空軍の特殊偵察機「WC135」の同型機(AP)

米空軍特殊偵察機に異常接近し挑発行為を行った中国軍戦闘機「Su30」の同型機(AP)

http://www.sankei.com/west/news/170530/wst1705300001-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/170530/wst1705300001-n2.html

おすすめ記事


コメント

80:
>>1
偵察機の相手にだけ強気に出れる、臆病者の旧式戦闘機

 

154:

>>1

中国は劣化コピースホーイで挑発飛行なんかやってる場合じゃないだろうが、馬鹿野郎が

北朝鮮抑え込みにちゃんと役割を果たせ。中国には日米みたいな弾道ミサイル
防衛網は無い。現場の軍をちゃんと管理しろ。軍務規定に反した兵士はどんどん
解雇しろよ。

 

169:
>>1
100日待ってとか言いつつナニしてんねん!!!wwwww

 

6:

実際開戦したいんだろ

でも中国から手を出すと問題なので無理矢理でも米国から攻撃させろと命令されてんだろ

 

112:
>>6
目指すは戦争景気だろ
負けるリスクなんて言えないんだろうなシナじゃ

 

7:
インスタントカメラで写真撮って中指立てたんだろうな

 

114:
>>7
このご時世デジカメって言ってやれよ

 

8:
How way to the danger zone ♪

 

99:
>>8
惜しい。Highway to the danger zoneな

 

121:
>>8
それだと最後は♪じゃなくて?になるよ

 

183:
>>121
我が軍は君のような冷静な人材を求めている

 

9:
間もなく「トップガン2」の撮影開始
脚本完成時は中国と南シナ海で激突しバッタバッタと中国戦闘機を撃墜する話だったが中国は激怒、妨害を開始
なんと「2012」「ID4」の監督を使い「ミッドウェイ」を撮影、「トップガン2」にぶつけると宣言
脚本は書き換えられるのではと噂が(ハリウッドの裏話より)

 

98:
>>9
へぇ~、なかなか興味深い話だね。
しかし、恐らくは前作のように米軍の全面協力での素晴らしい映像で「次の敵は中国だ!」と民衆に刷り込む為のプロパガンダ映画だからな。
そんなヤワな理由で脚本を変えるようでは、かえって米海軍からの協力を得られなるわ、何の見せ場もリアリティも無い映画にしかならなくなるわ、でダメになるのが目に見えているから、変更しなさそうな気がするけどな。

 

137:
>>9
ID4の監督ってドイツ人だろ。
中国のプロパガンダ映画を撮るなんてドイツ人としてのプライドはないのかね。

 

141:
>>137
ドイツ人は昔っから支那人とよく手を組む

 

12:
以前も米軍P3Cおちょくるつもりで異常接近の末激突して死んだ間抜けな中国軍戦闘機がいましたね

 

16:
ぶつかって紛争開始の予感好きにしてくれ

 

17:
偵察機じゃなく戦闘機飛ばせば絶対にチビって出てこないのにね。

 

24:
回避行動した上での45mか・・・

 

25:
そりゃ、北の豚にも手が出せないメリケンの白豚なんか恐くないだろ

 

26:
米軍機の妨害弾ガー!

 

27:
45mでギリギリとか
帝国海軍雷撃隊の爪の垢でも煎じて飲んどけ

 

102:
>>27
まあ、友軍機同士ならもっと詰めれる
サンダーバーズとかのチームだとマジでギリギリのまま飛行するからな

 

178:
>>27
米のアクロなら距離は45cm。帝国海軍は何cmですかw

 

35:
100日猶予を呑んじゃったから舐められてるんだろ
ブッシュなら間髪いれず即開戦

 

38:
これ、中国共産党と北の将軍をまとめて処理する流れかな

 

40:
シナの人海戦術 対 米国近未来兵器の二十一世紀の一騎打ちが見たい気がするわ 百人、千人規模で次々に瞬殺だろうな 恐ろしすぎる

 

50:
ラプター護衛に付いて、中華戦闘機を撃ち落としても全く問題ないと思う。

 

51:
戦争を経験したことのない奴らがおもちゃを与えられてこんなこともできますとばかり
やってみたくてしょうがないんだろ

 

54:
今後は空域にラプター忍ばせて悪さしたらロックオンしてやれ

 

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1496232266/

-ニュース(国際)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

検索

ご協力いただける方は下のボタンを押下いただけるととっても嬉しいですm(_)m

ニュースランキング

月別一覧

カテゴリ別一覧

RSS