ニュース(国際) 政治(国際)

【続報】慰安婦問題で韓国出国禁止 1人で戦う元自衛官・奥茂治氏

投稿日:

韓国で出国禁止となっている元自衛官、奥茂治氏(69)の滞在は40日を超えた。奥氏は6月24日に那覇を出発、仁川に到着直後、捜査員に手錠をかけられて忠清南道天安市の警察に連行された。

“韓国での出国禁止と検察取り調べの体験者”としての縁もあり、筆者は出発前から奥氏に話を聞いてきた。数日前の国際電話では「辛い食べ物で最近少し腹を下したが健康はおおむね良好」と話していた。

奥氏は検察の呼び出しがあれば出頭するが、それ以外は1泊約5千円のホテルで暮らす。宿の経営者やコックらに日本風のカレーライスを振る舞って大受けするなど“日韓交流”にも一役買っている。

ただ、カレーに舌鼓を打つ韓国人も平成27年12月、安倍晋三首相が元慰安婦に対する謝罪を表明した上で日本政府が10億円を拠出し、慰安婦問題の解決へ向け日韓両政府が、最終的かつ不可逆的に合意したことや、奥氏がなぜ碑文を変更し、捜査を受けているかについて、まったく知らなかったという。

ほとんどの韓国人は慰安婦問題について日本の責任を追及する材料としてのみ、意味を見いだす。日本側がどのような努力をしているか、韓国側にどのような義務や問題点があるかには関心がない。

そもそもメディアも政府もそんな発展的な観点でものを見たり、伝えたりすることに消極的だからだが、奥氏の体験もそれを裏打ちするものだろう。

×  ×  ×

奥氏に対する捜査状況は興味深い展開となっている。容疑は天安市の国立墓地にある石碑の上に新たな石板を張り付けたことによる公用物損壊と、無断で墓地に立ち入った不法侵入だ。奥氏は行為については自ら行ったと認めた上で、処罰に当たらないと主張している。

石碑は、日本統治時代の済州島で「慰安婦狩り」をしたと虚偽を流布した故吉田清治氏が設置した「謝罪碑」だ。吉田氏の相続人で石碑の所有権を持つ長男が「碑に刻まれた虚偽の文言を放置しておくことは未来の日韓関係によくない」と、碑文の変更を切望。相談を受けた奥氏が「慰霊碑」と刻まれた石板を設置したものだ。

奥氏も「そもそも24時間開放されていて誰でも出入り自由なのだから不法侵入はないでしょう。損壊についても、所有権を相続した吉田氏の長男が撤去を希望したが固定されていて困難だったので、新たな文言を刻んだ石板を設置してきたわけです」と笑う。

×  ×  ×

これまでに奥氏は検事から「あなたが有利になる証拠をすべて持ってきなさい」と言われ、26年8月5日付朝日新聞朝刊の記事の韓国語訳などを提出した。

 奥氏は取り調べで警察官や検事らに「あなた方は、朝鮮半島で日本が慰安婦狩りをしたという吉田清治という人物の証言が虚偽だったということ、それを伝えてきた朝日新聞も、その報道を取り消したことを知っているか」と尋ねてきた。知っている者はいなかった。奥氏はたった1人で韓国の歴史認識を正す戦いに挑んでいるといえる。

「吉田清治」にからむ16本の記事を取り消して昨日で3年。この間朝日新聞は慰安婦問題の誤解を解き、事実を伝える努力をしてきたか。国連をはじめ全世界に過ちを謝罪し、正確な事実を伝えるべきだし、韓国の政府やメディア、国民に向け丁寧に歴史の真実を発信すべきであった。

30年以上も拡散されてきた吉田清治氏の虚偽は現在、韓国、中国人のみならず一部の日本人の手によっても「少女20万人を朝鮮半島から連行して性奴隷にした」など、さらに大きなウソの塊に育てられ、世界に憎悪のタネをまき散らしている。(毎月第1日曜日に掲載します)

【加藤達也の虎穴に入らずんば】
http://www.sankei.com/world/news/170805/wor1708050020-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170805/wor1708050020-n2.html

ソウルで会見する奥茂治氏=4日(桜井紀雄撮影)

おすすめ記事


コメント

66:
初めて知った
こんなことが起きてるのか

 

85:
>>1
これ人権侵害だよな?

 

117:
>>85
同時にマスゴミが大好きな「表現の自由に対する国家権力の横暴」。
所有者に依頼されて碑文を変更(表現の自由)しただけで逮捕拘束。
罪状も明らかにせず軟禁を続けて心身ともに参るのを待つやり方。
本来ならマスゴミが、最も強力に抗議しなきゃおかしい事案。
だから、日本のは「マスゴミ」と呼ばれる。

 

93:
>>1
また監禁の人質外交展開する気か

 

224:

>>1
外務省は奥さんの人権侵害に対して何らかの対策を講じているの?

高級ワインはしこたま飲むのに、これについては例によってダンマリ?

 

469:
>>1
冤罪軟禁じゃねーか!
どー落し前つける気だボケカス南癬わ((( ̄へ ̄井)

 

479:

>>1
>奥氏は取り調べで警察官や検事らに「あなた方は、朝鮮半島で日本が慰安婦狩りをしたという吉田清治という人物の証言が虚偽だったということ、
>それを伝えてきた朝日新聞も、その報道を取り消したことを知っているか」と尋ねてきた。知っている者はいなかった。

これ怖いな
韓国って政府がメディアの免許更新を許可する権利を持ってるから、メディアは政府の意向には逆らえないわけで、
こういう肝心な情報をメディアで流させてないってことは、つまり、韓国政府自体が、慰安婦問題を解決する気がないってこと

なのに韓国は「国民が納得しないから」と言い訳してるんだよ、もうホラーだよ

 

2:
河野新外務大臣早速の出番ですよ。

 

3:
産経以外は「報道しない自由」

 

4:
普通、都合悪いんなら国外退去なんだが逆なんだよな
【ナニしたいのか世界にミエミエ】

 

5:
頭が下がるわ
何か支援できんかね

 

204:
>>5
カンパ口座あったと思う
この間のニュース女子に口座番号のったんだけどな
メモするのを忘れちゃったけど、後日ネットにアップされたらカンパするつもり

 

8:
上下チョンの
人質ビジネスwww

 

9:
出国禁止ってなんなのw
国外退去じゃないのw

 

10:
日本が如何に寛容な国であるかがよく判る記事だな。
日本と言う国家は親日にも反日にも等しく平等に広く門戸を開きその思想の如何を問わず自由に出はいりさせている。
いわば見知らぬ人間が外から自由に土足で入り込むことを許す個人の家のようなものであり、こんなにオープンな国はない。

 

11:

てかさ、もう断交でいいよ
客観的データと反日プロパガンダの実態を公表するだけで
アホじゃない限り、理解できるから

もう手遅れなんだよ
あそこは

 

175:
>>11
んだな

 

14:
吉田清治の息子と奥氏の勇敢な行動が報道されない日本のクソメディア。
同じ立場の息子、河野太郎はどうするの?

 

16:
これ拉致だろ

 

17:
朝日新聞がやれよ

 

391:
>>17
ほんとにな朝日新聞は開き直っただけで何もしてねえんだよな

 

19:
河野新外相の
初仕事はこれだなw

 

20:
泣いた

 

22:
素直に日本へ帰したら、あとで責任者がバ韓国人から釣り仕上げられるからでしょ

 

23:
支那や朝鮮で無実の日本人が拘束されてるのに日本の人権派はどこにいったんでしょう?

 

28:
出国禁止なんて日本でこんな事したらマスコミが散々騒ぐクセに、何なんだろうねコノ扱いは。

 

46:
>>28
マスゴミは、天下りと在日の天下w

 

29:
偉い人だね

 

30:
NHKのニュースで放送されないのかな
残念

 

37:
>>30
ニダ反日協会に期待するのは、時間の無駄。

 

33:

吉田の息子さんや奥氏の気持ちを思うと苦しい

朝日は本当に許せない
てめえらに政権も、どんな犯罪者をも批判する資格ないわ

 

35:
そういや、日本の「人権派弁護士」や、人権にうるさい国会議員は、全く寄り付かないな(笑)
どこに行ったんすかね?

 

36:
命より大切な加計学園

 

40:
そうだった、産経が続報してくれて助かるわ

 

41:
日韓友好とか言ってこれですよ

 

47:
報道しない自由ねえ。
アカヒはやっぱ潰すべきだな。

 

52:
出国禁止ってキチガイ国家だろ
ま、日本の国会議員を入国拒否とか平気でしたり、安倍総理に昼飯出さなかったり
やっぱりどう考えてもキチガイとしか言いようがないな

 

58:
NHKはトランプの悪口放送する暇があったら、この人のこと詳しく報道しろ。そして、力添えしろ。
どこの国の放送局なんだ。

 

73:
凄いのはこのニュース、日経が唯一速報で一報伝えるのみで産経以外が無反応な点
中国で日本政府スパイ?拘束とか日本人犯罪者逮捕は質問してたのにね、朝日毎日も

 

299:
>>73
マスコミってさぁ・・・事実を伝え無さすぎる

 

306:
>>299
今の報道機関ならマスコミって名前を剥奪したくなるよ

 

314:
>>306
え、情報操作による世論誘導がジャーナリストとかマスコミの本業だろ?(真顔

 

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501932827/

-ニュース(国際), 政治(国際)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

検索

ご協力いただける方は下のボタンを押下いただけるととっても嬉しいですm(_)m

ニュースランキング

月別一覧

カテゴリ別一覧

RSS